ガードセプター -GUARD SCEPTRE- 錆の上から塗れる画期的防錆塗料

  • HOME »
  • 製品案内 »
  • ガードセプター -GUARD SCEPTRE- 錆の上から塗れる画期的防錆塗料

ガードセプター -GUARD SCEPTRE- 錆の上から塗れる画期的防錆塗料

item_10-08-05_11-58-40_6e59fe7ed4e455eff79705b644690417 ガードセプターには、こんなメリットがあります。

下地のケレン作業が簡便になり、防錆処理にかかる費用、時間が大幅に節約できます

腐蝕に対する耐久期間が永くなり、償却期間、稼働率が大きく向上します。

ラインナップ、価格

ガードセプター101P ガードセプター120AL ガードセプターGFコート
1KG缶 ¥7,000 ⇒お値引きします 4KG缶 ¥28,000 ⇒お値引きします 18KG缶 ¥126,000 ⇒お値引きします 1KG缶 ¥8,000 ⇒お値引きします 4KG缶 ¥32,000 ⇒お値引きします 1KG缶セット ¥9,000 ⇒お値引きします

※上記金額からご注文数量に応じてお値引きいたします。まずはお見積りご依頼下さい。
送料は一律600円(税抜き)、代引きの場合は別途代引き手数料300円(税抜き)をいただいております。 御注文合計金額が30,000円を超える場合、送料/代引き手数料は無料とさせていただきます。
銀行の振込手数料はお客様のご負担とさせていただきます。

ガードセプター101P(概要)

101-P (1kg,4kg,18kg) ガードセプター101Pは、水を硬化剤とする変性ポリウレタン樹脂を主材とした防錆下塗り塗料です。 ガードセプター101Pは非常に浸透性の良い液体ですのでサビ層のひび割れ、 孔蝕ならびに結晶粒界に侵入した水分を求めて奥深く鉄の地肌まで浸透し、 水分子と反応しCO2ガスとして外界に放出、サビをそのまま固定して、 強固なポリウレタンの不活性被膜を形成、すぐれた防錆効果を挙げます。(下図参照) スクリーンショット 2014-02-18 13.17.22

特徴

●錆の上から直接塗れますので、最も労力と時間(経費)のかかる錆落としが大巾にはぶけますので大変経済的です。 ●上塗りには用途・目的に合わせて、すべての市販塗料が使えます。 ●速乾性のため塗装工事にかかる時間が大幅に短縮できます。 ●効果した被膜は強固でいかなる溶剤にも容易に犯されません。そのため衛生的にも安全です。 ●金属の防錆だけでなく、劣化してもろくなったコンクリートの床や木材等の表面強化や防水にも有効です。

用途

●工場施設、石油タンク、橋梁、鉄道施設、船舶、プラント、港湾施設、鉄骨、鋼鉄サイロ、埠頭施設、 電機、農業施設、畜舎、農具庫、水産業、畜産施設、製紙関連、大型・小型自動車、 その他あらゆる鋼鉄施設。又、ベランダ、門扉、フェンス、屋根、鉄扉、自転車、 鉄製の階段、手すり、シャッター等、生活空間の鋼鉄製品すべてに御使用下さい。

使用方法

1.添付面の浮きさびや老化した古い塗装膜は、ワイヤーブラシ等で落として下さい。 塗布面に脂や汚れ、塩等が付着している場合、水で洗い流すか、油類の場合は脱脂して下さい。 2.塗布作業には、ハケ、ローラー、ガン吹き等、現場に適した道具を選んで下さい。 3.特にさび層が厚い部分は、二度塗りをして下さい。さび層の厚みにもよりますが1Kgで約10平米が塗れます。 4.塗布後、指触乾燥(指先で押して指紋がつかない状態)は、夏場で1時間、冬場で2〜3時間です。 中塗り・上塗りは、その直後から4〜5時間以内に塗るのが理想的です。 5.塗布作業に使用した用具は、作業完了後10分以内にキシレン等で洗浄して下さい。 6.ガードセプターは強力な接着力がありますので、使用後の缶のふたの廻りに付着した ガードセプターを拭き取り密封して保管して下さい。

物性

スクリーンショット 2014-02-18 13.27.31

ガードセプター120AL

ガードセプター120AL (1kg,4kg) (一液性下塗り上塗り兼用,変性ポリウレタン・キシレン・アルミフレーク・銀色)

ガードセプター120-ALは、ガードセプター101-Pに鱗片状の極めて薄い 高純度のアルミフレーク(厚さ1ミクロン)を混合したものです。

特徴

表面に集積されたアルミの層は、太陽の光を反射し、紫外線による被膜の劣化を防止します。 またこのアルミニウムは鉄よりイオン化傾向が大きいので、鉄の代わりに自ら 犠牲になって溶け出し、鉄がサビることを防ぐ(犠牲防蝕)のはたらきをします。 したがって機械的に被膜面に傷がつき、下地の鉄が露出したような場合にも、 この犠牲防蝕作用によってサビの進行を遅くさせます。

用途

101P同様ですが、銀色に仕上げたい場所で、 下塗り上塗りを一度の作業ですませたい軽度の防錆。

使用方法

1.アルミフレークが沈殿していますので、十分に撹拌してから使用して下さい。 2.塗布面を調整して(101P同様)塗布して下さい。 3.120ALの上には、上塗り塗装は出来ません。

ガードセプターGFコート

GFコート(1kgセット、5kgセット)
二液性耐酸中塗り塗料(アクリルポリオール・キシレン・イソシアネート・ガラスフレーク・白色)

特徴

ガードセプターGFコートはアクリルポリオール・イソシアネートを主成分とし、
これに日本板硝子(株)が開発した優れた耐薬品性を有するマイクロガラスフレーク並びに
防錆顔料として二酸化チタン(Ti02)とを配合した二液性アクリルウレタン系塗料です。
マイクロガラスフレークは鱗片状の極薄フレーク(厚さ3〜10ミクロン)で塗膜層のなかで
木の葉状に推積され、外部から浸透して来る溶液やガスに対して極めて優れた遮断効果があります。
一方、防錆顔料として添付されている二酸化チタン(Ti02)は両性酸化物ですが、
むしろ塩基性の方が著しく、塗膜を浸透して来る酸性溶液に塩基として対応しこれを中和します。
ガードセプターGFコートはウレタン樹脂の持つ耐薬品性、耐摩耗性、アクリル樹脂の持つ
すぐれた耐候性に加え、ガラスフレークの硬度な耐酸、耐アルカリ性、二酸化チタンの塩基性と
各あいまってすぐれた防錆、防蝕効果を発揮します。

用途

酸、アルカリ、塩害、糞尿、化学薬品等腐蝕要因のきびしい場所及び物。

使用方法

1.塗布面がサビている場合には防錆効果を高める為、必ず下塗りとしてガードセプター101Pを一回塗布して下さい。
2.GFコートA液(白色)を充分かきまぜて底に沈殿しているガラスフレークと二酸化チタンをよく混ぜ、
その後、B液を加え更によくかきまわして下さい。混合比A液:B液 10:4重量比です。
ガードセプター101Pの指触乾燥直後なるべく早く塗装して下さい。
3.作業用具(ハケ、ローラー、スプレー等)は作業終了後直ちにキシレン等の溶剤で充分洗浄して下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3256-1027 9:00〜17:00 (土・日・祝を除く)
FAX:03-3256-3793

Copyright © エフ・アイ・テック株式会社 All Rights Reserved.